公開日: 2020年8月3日 - 最終更新日: 2021年9月24日

エアコンや気温差によって起こる「夏の冷え性」。気になる解消法は?

杦村杦村
  • シェア
  • twitter

夏のうだるような暑さとともにやってくるのが、エアコンや急激な気温差による「夏の冷え性」。温度調節に羽織を持ち歩いている方も多いと思います。しかし、重ね着をするだけでは根本な冷え性は解消はできません。今回は、冬の冷え性とは異なる「夏の冷え性」への解消法をご紹介します!

 

夏は代謝が低下する。夏の冷え性とは?

夏と冬では、夏のほうが身体の代謝が低下することはご存じですか?夏の暑い時期は、すこし動くだけで汗もかくし、代謝が良さそうなイメージがあるかもしれませんが、実際には、夏は冬よりも約10%も基礎代謝が低下します。冬は気温が低く、体温を上げるためにエネルギー消費がアップするため基礎代謝が高くなるのです。

 

そして、夏はエアコンの効いた部屋に長時間いることで体が冷えるので、体温低下を防ぐために欠陥が委縮し、血流が悪くなってしまいます。そのため、手や足などの末端まで血液が循環しなくなり、ツラい「夏の冷え性」が起こるのです。

 

また、蒸し暑い屋外から、エアコンのよく効いた室内へ入ったり出たりを繰り返すことで、体温を調節している自律神経が乱れてしまい、倦怠感や食欲不振、頭痛などの体調不良を引き起こすこともあります。そのため、夏の冷え性を防ぎ、自律神経を整えることが大切なのです。

エアコンや気温差によって起こる「夏の冷え性」。気になる解消法は?

夏の冷え性の対処法

体を冷やさない

夏の冷え性の予防には、あたりまえですが、身体を冷やさないことが一番です。エアコンの設定温度を変えられる場合は、27℃程度に設定し、エアコンの風を直接受けないよう風向きや座る位置を工夫しましょう。職場や店内などのエアコンの温度があげられない場所では、羽織やブランケットを持参するなど、温度調節ができるアイテムを取り入れましょう。

飲み物は常温で

暑い日には、キンキンに冷えた飲み物をごくごく飲みたくなりますが、飲み物の温度は夏の冷え性にとってとても重要です。飲み物はできるだけ常温か、温かいものを飲むようにしましょう。冷たい飲み物や食事は、身体を内蔵から冷やし、血流の低下や夏バテ、疲れの蓄積の原因となります。

 

身体の巡りを良くする食材を取り入れる

生姜が体を温めることは有名ですよね。生姜以外にも、柑橘類の皮に含まれるヘスペリジンという成分は血の巡りを良くしたり、毛細血管を強化する効果が期待できます。身体の巡りがよくなることで、指先・足先まで血がきちんとめぐり、冷え性を防ぐことができます。

 

 

 

夏の冷え性に打ち勝て!代謝アップのススメ

夏の冷え性の根本的な解消には、身体の代謝を上げることが大切です。暑い部屋で汗をかけばエネルギーを消費しているような錯覚に陥りますが、汗は体温調節として発汗されているだけなので、エネルギー消費とは関係がありません。なので、無理に暑い外へ出たり、サウナで汗を流すのではなく、エアコンの効いた部屋でもいいので身体を動かし、筋力の低下を防ぐことが必要です。

ヨガやストレッチ、ウォーキングなど軽い運動を取り入れてみましょう。定期的に身体を動かすことで筋肉量が増加すると、代謝がアップし、血流の良い冷え性になりにくい身体をつくることができます。

 

た、代謝や体温をコントロールする自律神経を整えることも大切です。自律神経は、ストレスや寝不足などが原因で乱れてしまうので、夏でも、時々は湯船にゆっくりと浸かったり、アロマやストレッチなどでリラックスするなど、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

エアコンや気温差によって起こる「夏の冷え性」

 

まとめ

エアコンの冷たい風によって起きる夏の冷え性は、身体を冷やさないことと、代謝をアップさせること、自律神経を整えることが大切です。基礎代謝が低下し、気温差で体調を壊しやすい夏だからこそ、身体を内側から温められるように代謝アップを意識してみましょう。

 

▼体の巡りをよくするサプリメントはこちらから

https://www.hamari-health.jp/products/list?category_id=2

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
杦村

杦村

健康食品事業部ハマリ産業株式会社
2020年ハマリ産業株式会社に入社。管理栄養士免許を取得した後、社員食堂の現場でメニュー開発や集団栄養指導の経験を積み、現在は健康食品事業部でブログ記事やECサイトの運営を担当しています。
好きなことは旅行とスポーツ。弾丸世界一周旅行も経験したフットワークの軽さと情報収集力を武器に、栄養情報や気になるお役立ち情報を配信していきます!