公開日: 2022年4月25日

腰痛や肩こりの原因は「長時間の同じ姿勢」かもしれません!

杦村杦村
  • シェア
  • twitter

職場や学校、家庭、電車内などで常にスマホやパソコンを使用している方の中には、「肩や首がこってツラい・・」「腰痛がつらく長時間座ってられない・・」なんて方も多いのではないでしょうか。シップを貼っても、マッサージをしても治らない・・もしかするとその原因は姿勢と身体の凝り固まりにあるかもしれません。今回は、ツラい肩や腰の痛みにお悩みの方へ、姿勢のお話をご紹介します!

管理栄養士 杦村
▼こんな方に読んでほしい記事です
・治らない腰痛、肩こりに悩んでいる
・デスクワークで身体がツライ
・長時間スマホ、パソコンを使用する

 

あなたもきっとなっている!長時間の同じ姿勢

スマホやパソコンに熱中してしまい、気が付いた時には身体が痛くなってしまっているなんてことは、誰しも経験があるのではないでしょうか?

デスクワークで長時間文字を打ち続ける、ソファに転がってテレビやゲームを楽しむ、寝る前に布団の中でSNSを長時間見続けるなど、日々の生活の中で私たちが思っている以上に同じ姿勢をとってしまうタイミングがあります。

さらに、在宅勤務やオンライン会議などが増えて身体を動かさないことが増えた昨今、意識して身体を動かしたり、姿勢を変えたりしない限り、どんどん同じ姿勢をとり続けて身体が凝り固まってしまいます

では同じ姿勢を取り続け、身体が凝り固まるとどのような影響があるのでしょうか?

長時間の同じ姿勢は身体への負担が大きい!

姿勢を保つには筋肉が必要です。例えば背筋をまっすぐ伸ばすためには腹筋と背筋で支えてあげなければいけません。

しかし、姿勢を保つ筋肉が同じ姿勢を保っていられる時間は、せいぜい30分程度

もちろん個人の筋肉量によって長さに違いはありますが、30分、1時間などの長時間になると誰しも姿勢が崩れ出し、猫背になったり、腰が曲がってきたり、画面と顔が近づいてしまったりと、悪い姿勢のまま身体に負担をかけ続ける状況が生まれます

本来なら、身体に負担のかかる姿勢が長時間続くと、身体がSOSを出して違う姿勢に切り替えようとするのですが、毎日の習慣により身体が悪い意味で「慣れ」てしまい、悪い姿勢でも長時間耐えられてしまうのです

その結果、腰の痛み、肩こり、首の痛み、目の疲れ、頭痛、むくみなど身体に様々な悪影響を与えてしまい、気が付いた時にはツラくて耐えられない腰痛や肩こりに発展してしまいます。

また、寝返りの少ない方が朝起きると身体が痛い・・というのも、この長時間の同じ姿勢によるものです。

▼こちらの記事では寝返りを打ちやすい工夫もご紹介しています

最近疲れがたまっていない?ちょっとの工夫で疲れ知らずの身体へ

意識してこまめに姿勢を変えましょう

同じ姿勢による腰痛や肩こりにならない為には、こまめに姿勢を変えることが重要です

30分に1回程度伸びをしたり、身体をひねったりしてあげましょう。できれば立ち上がって姿勢を変えてから、全身で身体を動かすことがおすすめです。立ち上がれない場合は、その場でも問題ありません。

少しの時間身体をほぐして、姿勢を保つ筋肉の緊張を解いてあげましょう

その後また、同じ作業をしなければならない場合は、体勢を少し変えてみたり、イスの高さを変えてみたり、作業場所を変えてみたりと、同じ姿勢にならないよう意識することが大切です

最近では、フリーデスク制で特定の席を持たない会社があったり、立ちながらパソコン作業ができるデスクなんかもあるので、可能な方はぜひ活用してみてください。

管理栄養士 杦村
自由でおしゃれなオフィス、憧れますよね。
ぜひともうちの会社でも採用してほしい・・・!

 

 

まとめ

今回は「長時間同じ姿勢にならない」ことの大切さについてご紹介しました。長時間の作業は避けられないけれど、少しでも意識して姿勢を変えることで、悩んでいた腰痛や肩こりが改善するかもしれませんので、ぜひお試しください!

▼パソコン、スマホによる腰痛、肩こりにおすすめのサプリ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
杦村

杦村

健康食品事業部ハマリ産業株式会社
2020年ハマリ産業株式会社に入社。管理栄養士免許を取得した後、社員食堂の現場でメニュー開発や集団栄養指導の経験を積み、現在は健康食品事業部でブログ記事やECサイトの運営を担当しています。
好きなことは旅行とスポーツ。弾丸世界一周旅行も経験したフットワークの軽さと情報収集力を武器に、栄養情報や気になるお役立ち情報を配信していきます!