回復のカギは筋肉中の「カルノシン」濃度を高めること