公開日: 2021年3月25日 - 最終更新日: 2021年5月7日

開発秘話Vol.01  アエンダM

ハマリの健康食品ハマリの健康食品
  • シェア
  • twitter

今から、30年ほど前に、ハマリは『カルノシン亜鉛』という薬を発明しました。

『カルノシン亜鉛』は胃潰瘍の薬として、日本や韓国で製薬会社を通じて販売されており、

又アメリカなどでは健康食品会社を通じて胃炎のサプリとして発売しています。

 

アエンダMが出来るまで

 

亜鉛は、体に貯めることができない、人にとって不足しがちなミネラルです。

日本で初めて亜鉛を使った薬を発明したハマリは、亜鉛のサプリを広めようと亜鉛製剤の開発をずっと検討しておりました。

が、その頃、食品として使える亜鉛化合物がなく、亜鉛酵母のみが認可されていました。

研究を重ね、酵母亜鉛を顆粒に加工し、スティック状の紙袋に詰め、60袋入り1か月分の箱入りで2003年8月に販売を開始したのが『アエンダ』の誕生でした。

しかしながら、顆粒である為「食感がモソモソする」等の声が上がり、売り上げに繋がりませんでした。

 

            初代『アエンダ』 パッケージ

 

 

その後、グルコン酸亜鉛が食品添加物として認められ、即、『アエンダ』の新処方に取り組みました。

大阪市立大学の医学部などと協力して、安全性のデータをとり、試行錯誤を繰り返し、『栄養機能食品 アエンダM』として生まれ変わりました。

 

     新しく生まれ変わった『アエンダM』

 

 

2005年8月 「亜鉛」=「鉛」という間違ったイメージを払拭するべく、多くの優れた機能を持つミネラルのサプリメントとして、飲みやすく価格を押さえた『アエンダM』の販売を開始したのです。

 

年齢を経ると食が細くなり、お年寄りは慢性的に亜鉛が不足気味です。

亜鉛不足が原因の一つとして上げられる症状として、ご高齢者に多い味覚障害がありますが、

その専門医からもご推奨を頂いており、『アエンダM』をご愛飲頂いているご高齢者の方からは「味の感覚が戻った!」や「食事するのが楽しい!」と言うお声も多く頂いております。

 

高齢の女性に多い、骨粗鬆症の予防にも亜鉛は必要です。

また亜鉛は子供の成長期にも必要とされるミネラルです。発展途上国の村に住む子供たちが亜鉛を摂ると、身長が伸びたという事実もあるそうです。

そして、新型ウィルスやインフルエンザと闘う免疫力を向上させるためにも亜鉛は必要です。

 

人体の細胞の生まれ変わり、即ち、新陳代謝を助けてくれる重要な役割を持つ亜鉛のサプリメント、それが『アエンダM』なのです。

 

 

▼アエンダMはこちらから
  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
ハマリの健康食品

ハマリの健康食品