公開日: 2021年9月13日 - 最終更新日: 2021年9月13日
スポーツの秋

スポーツの秋は”ペットボトル症候群”にご注意!!

髙垣髙垣
  • シェア
  • twitter

夏の暑さもピークを過ぎて、スポーツに適した季節になってきました。

これから運動を始めようと思う人も多いかもしれません。“ペットボトル症候群”とは、糖分が多く含まれている甘い清涼飲用水を大量に摂取することで血液中のブドウ糖やケトン体と呼ばれる成分が異常に高くなり、意識レベル低下・倦怠感・吐き気などの症状を起こすことを言います。

正しくは『ソフトドリンクケトーシス』と呼ばれます。秋になると多くの人がスポーツを楽しみますが、スポーツ時の水分補給は要注意が必要です。

 

涼しくなった秋は“かくれ脱水症状”の危険性が!?

隠れ脱水 

 

“かくれ脱水症状”とは、涼しくなってきたことで体内から水分が失われている事に気付かずに発症する事が多い症状です。

その原因は大きくは2つあり、

  1. 夏が終わり、涼しいと感じるために室内の温度調整を怠ってしまう事
  2. 水分補給をマメにする習慣が身に付かず、水分が足りなくってしまう事があげられます。

特に運動時は脱水症状なり易いため秋になっても水分補給を意識する事が重要です。

秋は、特に自分が汗をかいている事を感じ難い季節です。水分を奪われたカラダに空気の乾燥が重なって、便秘や肌荒れ、疲れが抜けきれないといった“秋バテ”のような体調不良に陥り易くなります。

 

秋の水分補給にはミネラル入り飲料が最適です!

水分補給

 

健康を目的にスポーツを楽しんでいる方は、糖分の摂り過ぎに注意が必要です。

過剰に摂取すると急性の糖尿病に似た症状“ペットボトル症候群”になる危険性があります。

健康的にカラダを動かすには、無糖でミネラルが補給でき、血流改善効果もあるミネラル飲料がおすすめです。アスリートの水分補給にもミネラル入り飲料は最適です。ミネラル入り飲料が持つ血流改善効果によって、血液がサラサラになり、筋肉への血流量・酸素輸送量が増えることで持久力の向上も期待できます。

また、血圧の上昇を抑えるため、ムダなエネルギー消費を抑えることからアスリートにとっては大きなメリットとも言えます。

アスリートのみなさんには、日常の体調を整えるためのコンディショニング飲料としてミネラル入り飲料を飲用する事をおすすめします。水分とミネラルの補給は一気に行っても血液中に吸収された時にしか効果はないので、少しずつ飲む『点滴のみ』が効果的です。

 

箱根駅伝出場常連校もミネラル飲料を使用

応援

ノンカフェインかつ無糖のミネラル入り麦茶は、駅伝強豪校でもコンディショニング飲料として採用されています。

日常のコンディショニングづくりがレースの結果を大きく左右することから、ミネラル入り麦茶は安心して飲める飲料として選手たちに愛用されています。

運動時の“ペットボトル症候群”や“かくれ脱水症状”“秋バテ”を予防するには、しっかりとした水分補給をする事が重要です。

間違った水分補給は、かえって危険な状態を招きかねないので、摂取する飲料の種類やタイミング、本人のコンディションに注意して飲み分けをする事が必要です。

 

まとめ

水分補給

 

ミネラル入り飲料も様々ありますが、水分補給をする際に、亜鉛も足してあげることを覚えておいてください。

亜鉛は必須ミネラルに1つで、人間には欠かすことができないミネラルの1つです。

体内で作ることはできない成分ですので、外から補給しなければなりません。また、汗と一緒に体外で排出され易いので、意識して摂取する必要があります。

そんな時は、サプリメントで摂取するのが効率的な摂取方法です。

ハマリ産業の『アエンダM』は、亜鉛単体のサプリメントなので摂取し易く、簡単に補給できます。

秋になり運動を始める方、再開される方は水分補給に注意してスポーツの秋を楽しんでください。

 

▽亜鉛を含むサプリメントはこちら

https://www.hamari-health.jp/products/list?category_id=5

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
髙垣

髙垣

健康食品事業部ハマリ産業株式会社
営業職31年、ハマリ産業に入社して7年目になります。
“得意先の懐に入り込 む!”をモットーに営業職を楽しんでいます。生まれも育ちも神戸、今は西宮に住んでいます。性格は我慢強いけど、大雑把。でも細かいところも気にはなる。嫌なことがあると、直ぐに眠くなります・・・現実逃避。運動が大好きで、色々なスポーツの事や出張が多いので行く先々であった事、見た事、感じた事などをお伝えしたいと思います。