公開日: 2021年4月26日

疲労の蓄積はリンパの蓄積?定期的に流して代謝アップ!

高橋高橋
  • シェア
  • twitter

 

こんにちは!スタッフの高橋です。

社会人の定例挨拶のひとつ、「お疲れ様です」。

何気に発していますが、実際に毎日お疲れの方も多いかと思います。

私もここ数ヶ月の疲労が蓄積し、日常生活にも支障をきたすほどになっていたため、もう限界だー!とネット検索で出てきた近くのお店でリンパマッサージをしてもらいました。

結果、信じられないほど体が軽くなり、視界が開けてモノがはっきり遠くまで見えるようになりました。こんなに変わるのかとびっくりでした。

そこで、本日はリンパが身体にもたらす影響についてお伝えします。

 

溜まったリンパを流す、リンパドレナージュの心地よさ

 

 

私が受けたのは、リンパドレナージュという、欧州では治療に近い施術で、溜まったリンパ液の流れを活性化し、老廃物の排泄を促し、全身の機能バランスを整えて自己治癒力を高めるというものでした。

ネットに出ていた40分コースでお願いしたのですが、途中でセラピストさんから「すみません、この後何か予定ありますか?私こんなひどい人を放っておけません!ちゃんとやらせていただいてよろしいですか?追加料金はいただかないので!」と言われ…

かなりリンパが溜まっていて、よくこんな状態になるまで放置できたなという感じのことを言われました…笑

緊急で駆け込んだとはいえ、60分しっかりマッサージしていただき、本当にスッキリしました。

最後、鎖骨から老廃物が一気に流れていく感覚は病みつきになりそうです。

でもまだ完全に良くなっているわけではないらしい。しばらくは1か月に1回くらいの割合で通うことをお勧めされました。

 

リンパはカラダの免疫機能を保つ重要な役割を持っています

 

 

そもそも、リンパとは何でしょうか?

人間の体には血液を流す管である血管と、リンパ液を流すリンパ管という2種類の管が存在し、どちらも全身に張り巡らされています。

血管は心臓がポンプの役割を果たすために循環していますがリンパ管は循環しておらず、一方方向に流れていて逆流することはありません。

ではどうやって流れが作られているかというと、動きとともに起きる筋肉の収縮運動による圧力や外からの刺激などによって押し流されているのです。

さらにリンパ管は血液循環に入ってはいけない老廃物などの不純な物質を回収するフィルターのような大切な役割を担っています。

そのリンパ管たちを繋いでいる関所のようなものがリンパ節で、全身になんと300~600個も存在しています。

リンパ節では、ウイルスやがん細胞などの異物がないかをチェックし、身体の免疫機能を保つ大切な仕事が行われているのです。

ですので、私のように一日中座ってPC作業をしていたり運動不足だったりする人は、リンパの流れが滞り、老廃物や余分な水分などが溜まり、むくみや冷え、やがて疲労の原因となり、さらに放置しておくと大きな病気に繋がることもあるため、定期的にリンパを流してあげることが必要となるのです。

 

アスリートはリンパが溜まらない?

 

 

では、筋肉の収縮運動でリンパが流れるなら、身体を動かしているアスリートの人は、リンパが溜まらないのでしょうか?

基本的に筋力がある人は、リンパを流すポンプ機能が活発なため、リンパの流れが滞ることは少ないようですが、最近では、競技後の回復力をより高めるために、スポーツマッサージという主に筋肉の疲労に特化したリンパマッサージを受けられるお店ができてきています。

故障を起こしそうな部位をいち早く探し出してもらったり、膝や関節など特定の部位に起きた障害を重点的に回復させることも可能です。

疲れた筋肉のリンパがほぐれると、血液や神経の働きが活発になり、コンディションも整います。

ハードな競技後のみならず、普段はお仕事をしながら週末は試合、というハードな毎日を送られている方、翌日の仕事やバイトに差支えが出るような疲労が出ている場合も一度お試しください。

本当にスッキリします!

 

ま と め

 

 

リンパマッサージを受けてリンパについて学んだ私ですが、カラダが常にベストコンディションでいられるということは、とても幸せなことなのだなとつくづく感じました。

それでもマッサージなんて受ける余裕はない…

というかたは、お手軽なマッサージとして、リンパの最終出口ともいわれている「左側の鎖骨」の上に手を置き、力を掛けずに上から下へ10回ほど撫でてみて下さい。

私はデスクワーク中にちょくちょくやっています。

少しですが楽になります。

さらに、疲労の回復にはカルノシンという成分もお役に立ちます!!(お約束)

これからスポーツシーズンがやってきますね。

みなさんベストコンディションで望めますように!

 

 

▼疲労回復成分のカルノシンが入ったサプリはこちら
https://www.hamari-health.jp/products/detail/3

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
高橋

高橋

健康食品事業部ハマリ産業株式会社
トイレタリー会社での研究開発に携わり商品を作る楽しさを知り、通販会社のコールセンターでお客様とのコミュニケーションの重要性を学びました。今はハマリ産業の総務・庶務業務と健康食品部門の業務、2足の草鞋を履いて日々奮闘中です。
休日は海外旅行を主として、アンテナの赴くままに色んな場所へ飛び回っております。クリエイティブなカルチャーやそれに纏わる情報等、皆様にご紹介していきたいと思っております。