公開日: 2020年12月22日 - 最終更新日: 2022年2月10日

お肌の味方、ビタミンCの多い食べ物は?一緒に摂るとお得な栄養は何?

泉
  • シェア
  • twitter

ビタミンCはお肌のコラーゲンを作るために必要な重要ビタミン!

レモンやオレンジなど柑橘系のイメージが強いビタミンCですが、

実はこんな食べ物にもたっぷり入っているんです。

そんなお肌に嬉しい食べ物と、ビタミンCと一緒に摂るといい栄養成分を紹介します。

 

【野菜3選】お肌の味方、ビタミンCの多い食べ物

ビタミンCは、熱に弱くて水に溶けてしまいやすい栄養素。

加熱したり茹でたりすると激減することがあります。

今回は、食べやすさを考えた厳選した食べ物をご紹介します。

(記載は100g当たりのビタミンC量です)

 

①パプリカ(生) 黄色:150㎎ / 赤:180㎎

パプリカは熱に弱いはずのビタミンCを油でいためても100㎎以上をキープするすごい食材です!

 

②芽きゃぺつ(ゆで):110㎎

最近スーパーでも見かけることがある芽キャベツ。スープに入れるだけで、簡単にビタミンCが摂れるのが嬉しい野菜です。

 

③ブロッコリー(ゆで):55㎎

ビタミンCで有名なブロッコリーは、生だと140㎎ですが、ゆでると55㎎まで減少してしまいます。それでも他の野菜よりビタミンC量が豊富なので、加熱しても栄養が残っています。

 

次は、ビタミンCがたくさん入った果物を紹介します。

 

【果物3選】お肌の味方、ビタミンCの多い食べ物

お野菜は加熱して食べるものも多いのですが、果物は生で食べられるのでビタミンCを取り入れやすい食べ物です。

(100g当たりのビタミンC量になります)

①いちご(生):62㎎

ビタミンCがレモン果汁より豊富ないちご。洗ってすぐに食べられるので、お手軽に美味しくビタミンC補給ができます。

 

②甘柿(生):70㎎

柿は1個で1日分のビタミンCが摂れるとも言われています。季節ものなので、秋にはぜひ食べて欲しい果物です。

 

③オレンジ・ネーブル(生):60㎎

へたの反対側がおへそみたいになっているのがネーブルオレンジ。よく間違われるバレンシアオレンジのビタミンC量は40㎎です。柑橘系はビタミンC量が豊富なものが多くあります。

 

ビタミンCを効率よく摂るためには、他の栄養素も合わせて食べるのがとってもお得。

そんなビタミンCの効果を底上げしてくれる栄養が入った食べ物も紹介します。

 

ビタミンCをもっとお得に摂れる食べ物

ビタミンCはそれだけではなく、違う栄養と一緒に摂ることでよりお肌や健康にとってお得になるんです。

 

①ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと協力して活性酸素(サビ)を消して細胞を保護してくれます。

そんな「ビタミンC×ビタミンE」最強食べ物はキウイ。

グリーンキウイよりもイエローキウイの方がビタミンC、ビタミンEともに豊富なんです。

しかもいちごよりもビタミンCが豊富。ダントツすぎて、毎日美容のために食べたいですね。

 

②ヘスペリジン

ビタミンCは壊れやすく、身体の中らから流れやすい栄養です。

それを保持してくれるのがヘスペリジンです。

そんな「ビタミンC×ヘスペリジン」のおすすめはみかん。

ヘスペリジンはみかんのスジに多い成分。

あまり取らずに食べることで、体内のビタミンCを保ってくれます。

 

まとめ

ビタミンCはお肌の健康のために、毎日でも取りたい栄養です。

お肌の他にも、血管の健康や細胞を若々しく保つためにも大切なビタミンです。

野菜や果物を選ぶときや料理をするとき、ビタミンCを気にして摂ってみてくださいね。

 

 

▼おすすめサプリメントはこちらから

https://www.hamari-health.jp/products/detail/17

▼美容に関係するブログはこちら

https://mkt.hamari-health.jp/blog/health/4464/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
泉

健康食品事業部ハマリの健康食品
栄養士・フードスペシャリスト
東京農業大学卒業後、5年食品の開発担当をしていました。長年の肌悩みを食事とサプリメントで改善したことで栄養の大切さを再実感。毎日の子育てにてんやわんやしながら、栄養の大切さを発信しています。