公開日: 2022年2月24日 - 最終更新日: 2022年6月16日

目の疲れを和らげるツボはどこ?オフィスでもできるおすすめの疲れ目対策をご紹介!

杦村杦村
  • シェア
  • twitter

あなたは目が疲れたときにどう対処しますか??私は、目を閉じてみたり、目薬をさしてみたりとするのですが、もっと効率よく目の疲れを和らげる方法があれば知りたいですよね!今回は、オフィスでもできる疲れ目対策をご紹介します!

管理栄養士 杦村
▼この記事はこんなかたにおすすめ
・仕事で長時間パソコンを使用している
・疲れ目に悩んでいる
・オフィスで手軽にできるアイケアを知りたい

 

目の疲れを和らげるポイントは血流改善!

長時間のスマホやパソコン操作による目の疲れの原因のひとつに、目の周りの筋肉が凝り固まることがあげられます。

目はピントを調節するために伸び縮みをおこなう部位として「毛様体筋」がありますが、この毛様体筋は同じ場所をじっと見つめることで凝り固まってしまいます。その結果、目の周りの血流が悪くなって疲れ目の原因となるのです。

その為、目の疲れを和らげるには、目の周りの血流を巡らせ、凝りを解消することがとても重要になります。

目の血流の改善には主に、①マッサージをする、②温める、③血流を改善する栄養素を取り入れる、の3つの方法があります。

今回は①のマッサージについて詳しくご紹介します!

 

▼目の血流改善に効果のある栄養素について詳しくはこちら

目の疲れにはアスタキサンチンが効果的。抗酸化の優れたパワー!

疲れ目対策!オフィスでできる血流改善マッサージ

ステップ1:まずはゆっくりと目を閉じて。

集中して仕事をしていると、気づいたら長時間画面を見続けっぱなし!ということも。そんな時はまず、ゆっくりと目を閉じてあげてください。人は文字を読むために、ピントを調節する筋肉が常にベストのピントで筋肉を維持をしています。

例えば背筋をピンと伸ばしていると、腹筋や背筋を使うのと同じように、やはり目も同じ姿勢を維持していると凝り固まってしまいますよね。

とっても簡単なことですが、目をつぶって目の筋肉を緩めてあげるだけでも、とても効果があります。30分ごとなど疲れてきたタイミングで定期的に、目を閉じる時間をつくってあげてください。30秒くらいは休めてあげるのが理想ですが、寝てると思われたら困る!という方は、視線を画面からそらし、ピントを合わせる必要のない場所をぼーっとみてみましょう。

ステップ2:目を閉じたまま、目の「伸ばし運動」

目を閉じて、筋肉が緩んだところで、次は目の筋肉をほぐしていきましょう。目は閉じたまま行います。

まずは、眉毛を上に伸ばし上げるようなイメージで、出来るだけ眉毛を上に動かします。ちょうど、女性がマスカラを塗るときに目を細める感じです。この動きをゆっくり3回くらいしてみてください。

すこしみられると間抜けな顔なのでこそっとしてみましょう!

 

ステップ3:目を開けて、目の「回転運動」

次は目を開け、顔を動かさずに目線だけをぐるっと一周させます。この時、ゆっくりでいいので出来るだけ大きく回すのがポイントです。時計回りに2周、逆回りに2周くらいで十分です。あまり早く回すと、目が回るので気をつけてくださいね。

 

ステップ4:目のツボを押そう!おすすめは「睛明(せいめい)」と「太陽(たいよう)」

目の周りは、ツボが多く集まっています。目の周りの気持ちいいと思うところを指でやさしくマッサージしてあげましょう。中でもおすすめは「睛明(せいめい)」「太陽(たいよう)」と呼ばれるツボです。

「睛明(せいめい)」は目頭のくぼんだ部分です。親指と人差し指の腹で挟み込むように10秒ほどマッサージをしましょう

「太陽(たいよう)」はこめかみのくぼみ部分です。太陽は2本の指で軽く押しながら円を描くようにマッサージします。ゆっくりと5回円を描いてみてください

管理栄養士 杦村
目の周りは皮膚が薄くデリケートですので、力の入れすぎや皮膚のこすりすぎには注意して、優しくマッサージしてみてくださいね!

 

まとめ

何事も継続することが大切です!仕事で集中していると忘れがちになってしまいますが、毎日酷使している目のために、マッサージやサプリメントなど自分が続けやすい物を見つけてみることがおすすめです。正しいアイケアで健康的な目を保ちましょう!

 

▼アイケアにおすすめのサプリメントはこちら

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
杦村

杦村

健康食品事業部ハマリの健康食品
2020年ハマリ産業株式会社に入社。管理栄養士免許を取得した後、社員食堂の現場でメニュー開発や集団栄養指導の経験を積み、現在は健康食品事業部でブログ記事やECサイトの運営を担当しています。
好きなことは旅行とスポーツ。弾丸世界一周旅行も経験したフットワークの軽さと情報収集力を武器に、栄養情報や気になるお役立ち情報を配信していきます!