公開日: 2021年1月8日 - 最終更新日: 2021年5月10日

VOICE Vol.03 愛用アスリートの声 木田徹プロ(ゴルフ)

杦村杦村
  • シェア
  • twitter

木田徹(きだとおる)

1976年生まれ。

日本体育大学ゴルフ研究室学外講師兼ゴルフ部スカウト部長 / マレーシアPGA公認アジアジャパンプロゴルフ協会トーナメントプレーヤー,コーチングプロ 

現在は、経験を活かした的確なアドバイスで多くの人にゴルフレッスンを行いつつ、大会に挑戦を続けている。

 

幼少期から身近にあったゴルフを極める

母親がゴルフ場の喫茶店で勤めていたこともあり、幼少期からゴルフが身近にありました。小・中学生時代は野球少年で、元千葉ロッテマリーンズのサブロー選手と、バッテリーを組んでいたこともありました。本格的にゴルフを始めたのは高校生の時からです。

全国高等学校ゴルフ選手権(団体)準優勝を獲得後、1999年安芸オープンでアマチュア優勝、2000年にはJGTO(日本ゴルフツアー機構)のプレーヤーに転向し、2004年香川オープン3位など多くの成績を収めました。

現在は、ゴルフセンターで様々な年代の方へゴルフレッスンを開催し、上達する喜びを感じていただいています。

カルノパワー愛飲のきっかけはレッスン仲間から

初めてカルノパワーを知ったのは、ゴルフレッスン仲間からのすすめでした。普段サプリメントを飲むことはありませんでしたが、回復力や持久力を高めてくれるというサプリを初めて知り、試してみることにしました。そして、レッスンを行いながらカルノパワーを飲み始めた事をきっかけに、再び試合の場に戻り、若手プロとの戦いに挑み始めました。

以前は、翌日の筋肉痛で動けない日もありましたが、運動をする日の朝と夜にカルノパワーを4粒ずつ飲用するようになってからは、筋肉痛を感じながらも翌日には身体が軽く感じられるようになり、カルノパワーの回復力を感じています。

 

10年ぶりにツアー予選会に挑戦し、練習日を含む5日間にわたる大会では、日を重ねるごとに疲れがたまっていくものなのですが、カルノパワーを飲んでいたおかげか調子もスコアも右肩上がりで5日間を終えられることができました。予選会を終えた日には、さすがに溜まった疲れがきたのですが、期間中はなんとかカルノパワーで持ちこたえることができました。

 

これからも、カルノパワーに力を借りながら疲れ知らずに頑張っていきたいと思います。

▼カルノパワーについてはこちらから

https://carnopower.com/

 

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
杦村

杦村

2020年ハマリ産業株式会社に入社。管理栄養士免許を取得した後、社員食堂の現場でメニュー開発や集団栄養指導の経験を積み、現在は健康食品事業部でブログ記事やECサイトの運営を担当しています。
好きなことは旅行とスポーツ。弾丸世界一周旅行も経験したフットワークの軽さと情報収集力を武器に、栄養情報や気になるお役立ち情報を配信していきます!